愛知や岐阜のシロアリについて


愛知や岐阜のシロアリについて

 


愛知県(一部の地域を除く)や岐阜県にお住いの皆さん、シロアリの予防や駆除費用に10万円や20万円という高いお金を払っていませんか?

少なくとも愛知や岐阜では、ほとんどの場合がそのような高いお金は必要ありません。

当社であれば、予防なら4万円~6万円程度で、駆除でも5万円~8万円程度です。※基礎形状や家屋の構造にもよりますが、概ねこのレベルです。


なぜ他社は10万円以上もの費用がかかるのでしょうか?
それには理由がいくつかありますが、ここでは2つご紹介します。

 

 

<シロアリの種を区別していない>

 

日本に生息していて、家屋に被害をもらたすシロアリには主に2種類いまして、「イエシロアリ」と「ヤマトシロアリ」といいます。

駆除が難しく、予防にも十分な対処が必要なのが「イエシロアリ」の方で、一方のヤマトシロアリは活動するシロアリの数も少なく、被害にあったとしても、たかが知れています。
イエシロアリの被害が数10万円~100万円以上のレベルだとしますと、ヤマトシロアリはせいぜい数万円です。(被害にあったとしても、です)

そして我が愛知や岐阜に生息するのは、99%が後者のヤマトシロアリなのです。勢力が弱くて対処が楽チンな方です。
勢力が弱くて対処が楽チンということは、予防もそれほど頑強にしなくてもよいということです。
ただの風邪を予防するのと、インフルエンザやもっと重篤な病気を予防するのでは違うのと同じようなものです。

ですので当社は、冒頭のとおり、予防であれば4万円~6万円程度で、駆除でも5万円~8万円程度という料金設定です、対ヤマトシロアリにはこれで十分なのです。

そしてもし万が一、イエシロアリが発生したら、もう少しお金をかけて駆除をして、しばらくは頑強に予防をするものなのです。※先述のとおり、愛知県(一部の地域を除く)と岐阜県全域ではイエシロアリの発生は99%ありません。

 

 

<基礎の種類を区分していない>

 

イエシロアリとヤマトシロアリのように、私たちにとって都合がいい種類(ヤマトシロアリ)、都合が悪い種類(イエシロアリ)があったように、基礎にも私たちに都合がいい(シロアリにとっては都合が悪い)、都合が悪い(シロアリには都合がいい)という違いがありますので、ご説明いたします。

 

基礎には大きく2種類ありまして、布基礎とベタ基礎といいます。布基礎の方は、今から30年くらい前までは一般的な住宅の主流でしたが、現在の新築ではほとんど見かけません。

耐震強度などの考え方が昔と変わってきたのが大きな理由でしょう。

 

さて下の図は布基礎のものですが、ご覧のとおり家屋を支えるコンクリート基礎の部分以外は「土」ですので、もし床下の土中にシロアリがいたとしたら、、どう思われます? 何となく侵入されやすそうではありませんか?

確かに、予防や点検などを実施していない布基礎とベタ基礎に比べると、布基礎の方がはるかに侵入率が高いです。

ですから布基礎の場合は、ある程度は薬剤を散布しないといけない、という現実があります。そのため当社では、金額もベタ基礎に比べて割高になっています。それは、物理的に薬剤をまく量が多いため、その分の薬剤費用と薬剤をまく作業料金が必要だからです。

しかしこれはムダでも何でもなく、必要な費用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、下の図はベタ基礎ですが、先ほどの布基礎に比べるとずいぶんとシロアリは侵入しづらく見えます。上記のとおり、シロアリの侵入率ははるかに低いです、これを防蟻性が高いという言い方をします。

もともとの造りで防蟻性が高いわけですから、我々シロアリ業者としては、布基礎のように「薬剤をまく範囲」が格段に狭いので、お仕事が減って楽チンになります。

そして楽チンになるということは、それだけ金額も下がらなければウソです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、、実際は、一般的なシロアリ業者はベタ基礎も布基礎も、料金上の区別をせず、ベタ基礎の方も布基礎と同じようにムダに薬剤をばらまいて、お客さまに高額な請求書をつきつけるのです。

基礎にしろシロアリの種類にしろ、全く区別せずに安く済ませられる場合でも、安く済ませていないのです。

 

現在のシロアリ業界は、このような悪しき慣習が当たり前になっており、それをまたお客さまはご存知ない、、という状態なのです。

⇒シロアリ薬剤の効果のあるまき方については、当社の別ページにてご説明しています。

 

以上のように、シロアリの種や基礎の仕様によって料金設定を明確に分けていない業者は、この地域では余分に利益を得ている、と当社は考えます。

 

 

⇒ご不明な点があれば何でもおたずね下さい。匿名OKです。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。