シロアリ薬剤の知識を得て 悪徳業者や無知な業者に備えよう

 

シロアリ薬剤の知識を得て 悪徳業者や無知な業者に備えよう

 

 昨今のシロアリ業者は業界全体のマニュアル化が進み、全く環境の異なるお客さま方に対しても、一律に大量の薬剤をばらまいて高額な費用を取っていきます。

それは例えばお医者さんが、診療に来たたくさんの患者さんに、同じ薬を同じ量 処方するようなものです。

患者さんによって、症状も体質も体重も性別も年齢も、、さまざまな異なる条件があるにもかかわらず、です。

 

そんな無知な業者に、知らないうちにムダなお金を払わされないよう、少し自己防衛してみましょう。

 


<薬剤について>

 

薬剤には大きく分けて2つの種類があり、「忌避剤」と「非忌避剤」といい、「忌避」とは嫌って避けることをいう。
「忌避剤」はシロアリの嫌うニオイや成分を含むため、土壌や木部などに散布すればシロアリは嫌がって近寄らない。
防除においての効果は、忌避剤を散布した部分は加害されない点がある。

一方「非忌避剤」はその逆で、シロアリが好む(嫌がらない)ニオイや成分を含むため、予防に際に木部などに塗布して
もその部分は加害を許容することになるが、非忌避剤は概ね有効成分がマイクロカプセル化されているため、薬剤を巣
に持ち帰って、ドミノ効果によってその集団の全滅を図ることを目的としている。


しかしながらどちらの薬剤を使用するか、はあまり問題ではなく、あくまでも基礎や基礎周辺を含む家屋の構造と点検
を主体として予防するものであり、薬剤は予防の補助と、駆除にて使用するものである。


薬剤には土壌用(含むコンクリ)と木部用があり木部用には防腐剤も含まれているが、これは日本しろあり対策協会が
そのように区分しているが、防腐剤の効果は不明で使い分ける意味もないので、土壌用を使うのが一般的。
 

※詳細は、当社HPの別ページにあります「薬剤について」をご参照ください。

 

 

<薬剤のまき方と効果について 布基礎編>

薬剤をまけばシロアリが来ないということはない。本来の正しい薬剤のまき方をしてもシロアリの勢力によっては処理層
を突破されるので、現在の多くの業者のような間違った方法では尚更である。
これは後述するが、日本しろあり対策協会(白対協)が制定する「しろあり防除施工標準仕様書」が間違っている(生態
に合ってない)ので仕方ないが。


現在の薬剤はほとんどが水希釈による液状で、点検口から潜入し動力ポンプなどで散布しただけでは、土壌であれば
1cm程度しか浸み込まない。シロアリの生態を加味して、基礎に沿って土壌を耕すように線状に散布すべきである。


土壌に少々の薬剤処理層があっても、ヤマトシロアリでも数千~1万匹というレベルで活動しているので、例えば薬剤
処理層にシロアリ集団の先頭グループが突入した場合、忌避剤であればその場で死ぬし、非忌避剤であればある程度
の数の仲間に伝播して先頭グループの周辺のシロアリは死滅するが、先頭グループがある程度処理層を崩している
ので(例えば数mmとか)、今度は第2グループがまた数mm崩して死滅して、、と次々に突入しますので先述のとおり
シロアリ集団の勢力次第で、如何ようにも突破される。


非忌避剤の薬剤が散布されていようと、少量のマイクロカプセル製剤が際限なく効き続けるわけではないので、処理層
を突破するために必要なシロアリの頭数がいれば、やがて突破されます。勢力次第で突破されるというのはそういうこと。
逆に処理層は厚ければ厚いほどシロアリに突破されにくいということで、表面的にまいただけではダメということ。

 

 

<薬剤のまき方と効果について ベタ基礎編>

布基礎と比べてベタ基礎はそれだけで防蟻性能があるため、必然的に予防作業も布基礎よりも基本的にラクである。
布基礎の場合は薬剤の散布(面状ではなく線状)が必要だが、ベタ基礎の場合は全く不要な場合もある。

白体協のしろあり防除施工標準仕様書では、ベタ基礎であっても布基礎と同様にコンクリ上に薬剤を処理する指示に
なっているが、これはほとんど意味がない。

基本的に薬剤は液状で、水希釈するタイプが主(当社の使用薬剤も同様)だが、希釈した後の薬剤はほとんどが水で
白対協の標準仕様書に則ると、20坪程度の家屋にまく場合は約200Lになるが、190L以上(風呂一杯分)が水であり
床下は水たまりだらけである。普段から床下の湿気にうるさく、換気扇や調湿炭などを勧めることとは明らかに矛盾する。

それよりも一度に大量の水をまき、それが蒸発するため床下の合板部分は湿気の影響を受けての劣化が考えられる。
また居住者によっては、大量に蒸発する湿気から体調不良を訴える方もいる。約200Lもの水をまくので当然である。


薬剤散布が必要なポイントは、ベタ基礎の底面を上下に貫通する穴(給排管等)の周辺やコンクリのジャンカ部分も
あるが、一番多いのが玄関ポーチや勝手口などの基礎と一体になっていない後付けの部分である。

そもそもシロアリ予防の考え方として、どう頑張ってもシロアリの侵入を完璧に断つことはできないので、侵入されても
気付けるように(主に蟻道を)、土壌と床下木部の間は見えるようにしておくことと、定期的に点検することが絶対条件。
しかし玄関ポーチなどは、ベタ基礎とは一体化せず後付することが多く、侵入されがちなベタ基礎とポーチの接続部分
は内面に隠れてしまい、目視することができない。(ベタ基礎を上下に貫通する給排管等は、床下に潜れば見えるが)

そのため、できれば基礎と一体化するのがベターであるが、それが無理ならせめてコンクリでポーチの枠を作り、中に
土砂を入れた時点でその土砂に薬剤処理をしておきたい。 ついでに言うならベタ基礎を打つ前の土壌に薬剤処理を
するのがベストである。
 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。