ベイト工法は意味がなく、値段が高過ぎ

ベイト工法は意味がありませんし、金額が高過ぎです。

 

最近のシロアリ業界では、予防で液状や粉末の薬剤を散布することを「バリア工法」、「薬剤工法」という言い方をしており、それに対して、庭など家屋の外周に固形の薬剤を埋めることを「ベイト工法」と言っています。

ベイト工法とは、上記のとおり家屋の周りに固形で遅効性の毒エサを入れた監視ボックスを、1mくらいの間隔で埋めて、シロアリがその毒エサを食べると、巣に帰ったあとに遅効的に薬剤が効果を発揮して、巣の全体に伝播させて全滅させる、という理論的にはそのような体になっています。
エサはシロアリが好きな味やニオイになっているそうです。

※シロアリは、働きアリ(職蟻)がエサを食べる際に、咀嚼して兵隊アリ(兵蟻)たちに食べさせたり、自分たちの便も食べる習性がありますので、伝播させることができます。
これは通常の薬剤においても伝播させる仕組みは同じです。
双方とも忌避性のない薬剤(非忌避剤)を用いています。

一見すると良さそうな工法のように感じますが、実はいくつか穴がありまして、結論的にはおススメしない工法になりますので、その理由を以下にご説明いたします。

 

・シロアリはエサの1,2cmまで近づかないと、そこにエサがあるとは気づきません。

基本的にシロアリは視力が退化しており、目が見えません。
モグラやミミズなど、ほとんどの時間を地中で過ごす生き物は、基本的に視力が必要ありません(地中は真っ暗ですので、視力があってもどのみち見えません)ので、目が見えません。

上記のとおり、1,2cmまで近づかないと気付かないというのはそのような理由です。
よって1m(100cm)の間隔でベイトを埋めても、100cmのうちベイト自体の大きさ+その周辺の2cmくらいしかブロックできませんので、結果的に約90%の確率でエサに気付かずにスルーされるということです。

・値段が高過ぎる。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。