ベタ基礎でシロアリが発生するのはどんなとき?

 

ベタ基礎でシロアリが発生するのはどんなとき?

 

 

 ベタ基礎は基本的に、シロアリ予防に対しては布基礎よりも有利です。(防蟻性が高い)

下の図は、左側がベタ基礎で、右側が布基礎です。それを横から見た断面図ですが、明らかにベタ基礎の方が、土中から上がってくるシロアリに対して、アドバンテージがあります。

 

 

布基礎の方は、土中から上がってきたシロアリはどこからでも、基礎伝いに床上の木部に到達できますが、左側のベタ基礎の方は基本的に基礎の外周に回らないと入れません。

 

しかしそんなベタ基礎でも、シロアリの発生が「ゼロ」ではありません。どのようなところから発生(侵入)するのかご紹介していきます。

 

・圧倒的に多いのは玄関付近!

ベタ基礎のシロアリ発生個所のダントツナンバーワンは、玄関周りです。 これは「シロアリの習性」と「住宅の構造」が見事にマッチして起こります。

シロアリの習性として、シロアリは温度の変化には非常に敏感です。 土中から上がってきてベタ基礎の底面にぶつかった場合、どっちの方向に進むか決める際、必ず温かい(温度高い)方へ進みます。

シロアリはモグラなどと同様、普段は土中の暗いところで生活していますから、視力が殆どありません。(目が見えません)そのせいか、温度などの感覚は非常に敏感で、床上の木部に到達した場合でも、人が多く集まる部屋や暖かい部屋などの方へ蟻道を延ばします。

ですので、玄関というのは通常は南側に作られていますね。ですのでもし土中にシロアリがいる場合で、ベタ基礎のお宅では玄関に集まる傾向があります。

 

そして構造上において、玄関から侵入されやすい理由としては、玄関ポーチ(玄関の2、3段の階段)を作る際、ほとんどの場合が基礎を打ったあとで後付けされており、基礎と一体打ちになっていることは少ないです。 (この理由は、建築屋さんが後付けした方が作るのが簡単であったり、基礎を打つ段階では玄関ポーチの仕様が決まっていなかったりなどまちまちです)


 

 

 

 

 

上の写真のように後付けの玄関階段の中身は「土」ですので、土中からベタ基礎の底面にぶつかったシロアリの集団は、そのまま温かい方へ(玄関の方へ)掘り進み、やがては基礎と玄関階段の隙間に到達し、そこから基礎に沿って上へあがり、玄関サッシなどの隙間から家屋へ浸入します。

ですので定期点検では特に注意するポイントですし、ケースバイケースで玄関サッシや土間周辺には、5mmくらいの細いドリルで穿孔して、内部に薬剤を注入するポイントになります。

 

 

・玄関と同じ理由で、勝手口も侵入されやすい

勝手口はだいたい北側に作られますので、温度は高くなりにくい場所ですが、勝手口の階段も玄関同様、後付けが多いですので、そういった理由ではシロアリの侵入を警戒するポイントになります。

 

 

・ベタ基礎を縦に貫通する給排管があれば狙われる

これは土中から掘り進んできたシロアリが、ベタ基礎の底面(裏面)にぶつかって、もしそこに床下まで通じる配管などがあれば、当然そこから直接侵入してきます。

これは多くの場合、建築屋さんのミスです。せっかくの防蟻性を損なうようなことをしてはいけません。

 

しかしいずれの場合も、定期的に点検をしていれば、一部の地域を除く愛知県や岐阜県では、シロアリの生息種がヤマトシロアリのみですので、大した被害にはなりにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。