ベタ基礎はシロアリの対策になる

 

ベタ基礎はシロアリの対策になります。でも定期点検も必要です。

 

<ベタ基礎とシロアリ>

新築で、ベタ基礎にて家を建てられ、そろそろ5年くらい経つからシロアリの予防をしないとなぁ、とお考えの方。

もちろんベタ基礎であっても予防は必要なのですが、予防工事の前に知っておいていただきたいことをまとめました。

 

シロアリという昆虫、特にヤマトシロアリは弱い生き物で、例えば家の建設にともなう環境変化だけで、土の中のかなりのシロアリが死滅します。(愛知の尾張地区、岐阜では99.9%ヤマトシロアリが対象)
つまり家を建てる前の土の中にはシロアリがいたけど、地盤改良やら家の建設やらでみんな死滅してしまった、というのはよくあります。もちろんその逆もあります。

 

仮に皆さんのお宅の床下に、今現在シロアリがいたとするなら、彼らにとってはごくごく運のいい集団が偶然に生き抜いたもので、その敷地の5年間あまりの一つの結論として生きているのです。
つまりか弱い彼らが、結果的に運よく適応できた環境だったというだけです。ちなみにシロアリと言うと、シロアリ業者はすぐに湿気が原因、と結び付けたがりますが、人間の考える床下の湿気とは無関係です。

 

「シロアリ対策」として何万円、何十万円もかけて床下に換気扇を付けたり、湿気取りの備長炭を敷き詰めたりするのは愚の骨頂です。(他の目的であれば別)

 

<ベタ基礎でシロアリに侵入されやすいポイント>

新築やリフォーム直後の5~10年は環境変化に対応してすべての生き物が大きく動き、シロアリも爆発的な繁殖をすることがあります。

シロアリは土の中のさまざまな要素(微生物や温度、phなど)の微妙なバランスに適応して、体質もそのように変化させているので、よその家の床下で発生したシロアリを、例えば誰か別の家の床下に持って行っても、工夫しないと死滅してしまいます。

ですから持って行く際には、シロアリがいた土とともに持って行くしかありません。

それでもなお長期の飼育は難しく、ヤマトシロアリを長期に飼育している研究機関などはごくわずかです。

 

したがって、例えば新築5年後にシロアリが見られないなら、それ以降はそれほど大きな動きはないので、5年毎の点検で十分対応できます。

特にベタ基礎はそれ自体が形状として防蟻性能があるので、床下内部へは一般的には侵入されにくいです。

されにくいと言うだけで、侵入されないわけではないので点検は必要になります。
点検の重点ポイントは、ベタ基礎周縁部、つまり、玄関ポーチ(後付け)や勝手口ステップの接合部や土間まわり、ウッドデッキの接合部、配管などベタ基礎貫通部などです。
※下のベタ基礎の図と、従来の布基礎の図を参照ください。

 

DSC_0371

 

DSC_0373

 

きちんと点検をすれば、仮に被害がでても簡単な補修で済みます(特殊な構造は除いて)し、小さな被害で駆除すれば、薬剤が消えてもそこには二度とシロアリは来ません。駆除は予防でもあります。
専門の薬剤でなく、例えば石鹸液で殺しても一旦駆除に成功すれば、結論は同じです。

逆に、シロアリがいない所に薬剤を撒いても、シロアリには何の影響もないのです。シロアリと薬剤の処理層が常にせめぎ合っているようなことはないのです。

 

ですので結論としては、

・湿気は関係ない。
・点検ポイント(要チェックポイント)は決まっている。
・5年経って発生していなければ、その後リフォームなどの環境の変化が無い限り、発生の可能性は低い。
(現状発生していても、きちんと駆除すれば問題ない)

ということで、無駄なお金をかけて闇雲に大量の薬剤をまく必要は、特にベタ基礎の場合はありませんよ、というお話でした。

 

 

当サイトの対象エリア

 

※本サイトは以下の地域を念頭において記載しています。
また下記の地域は、概ねイエシロアリの心配をしなくてもいい所が多いです。幸いなことに。

 




【愛知県】


名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村








【岐阜県】


岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域





【三重県】


いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。