大工の仕事

 

 大工さんであり、シロアリの技術者でもある当社スタッフのお仕事の一部をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

<床下点検口なんてササッと作っちゃいます>

 

床下を点検するには、床下に入るための「点検口」という入り口が無いと入れません。

最近のお家であればだいたいありますが、少し築年数が経っているお家ですと点検口を作らないといけません。

ここではその作業を簡単にご紹介します。

 

下の写真は、築40年近いお宅の洗面所 兼 脱衣所です。こちらの真ん中あたりに点検口を作製します。

(一部、奥様の要望により白塗りしました)

 

 

シロアリ関連の機材に加えて、大工道具も持っています。

丸ノコで床をくり抜いたところ、恐らくリフォームされたのでしょう、床板の構造が少し特殊でした。

くり抜かれた側の床と、くり抜いた床板の端面を 写真左に写っていますブロンズの枠サイズに合わせてノミなどできれいに仕上げます。 くり抜いた板は、点検口のフタの部分になります。

 

くり抜いた床板の端面を、金属枠のサイズに合わせてキレイに加工していきます。その一部を動画で撮ってみました。

 

 

出来上がりました、床板の形状が少し特殊でしたが、1時間半ほどで完了しました。これで2万5千円(材料、工賃)です。恐らく一般的なシロアリ業者であれば、当然自分では作製できませんから、別途業者を呼んで作業をさせますので、別途の人件費や交通費などが必要ですので、安くても3万5千円程度は請求されると思います。

これも当社の強みの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん家の構造を知り尽くしているだけでなく、実際にお家を作る知識を持っていますから、シロアリの駆除もお手のものです。

ご主人さま、奥さまにも大変喜んでいただけました。ご主人さまは、作業中もご興味を持っていただいたようで、ずっと見学されていました。