シロアリ業者の間違った薬剤の使い方 愛知、岐阜

 

シロアリ業者の間違った薬剤の使い方 愛知、岐阜

 

 

 最近のシロアリ業者は、薬剤を床下の木材やコンクリートに向かって表面的に散布していきます。

布基礎であっても土壌に向かっては噴いていません。

これは明らかに使い方を間違っています。


シロアリが地中から床下に上がって来る場合、土の場合シロアリは必ず土粒をくわえて移動させて薬剤処理層(薬剤を散布された場所)を貫通しなければなりませんが、コンクリートや木材の表面では通過すればいいのです。
 したがって、薬剤とシロアリの接触の契機は前者と後者では雲泥の差が出ます。
 
 蟻道のために砂つぶを運んできたシロアリにマイクロカプセルに接触させて、ある程度他の個体にも伝播させるか、その場で接触させて殺すか、など薬剤の性質によって効果は様々です。
 表面散布を仕様書で規定するなら、せめてどういう場合はどんな薬剤が適しているという規定があるべきです。
 
 工場で薬剤注入された木材は以前からよくシロアリに通過されていました。
 
 工場での注入材は木材の中心部まで薬剤があるので、内部まで加害されることは希ですが、現場での吹付けでは、1ー2ミリほどしか浸透していない(しろあり対策協会の仕様書のような量の木材処理は無理)ので、シロアリの勢力次第では内部に侵入されかねません。
 
 ようするに、直接土壌に処理せずにコンクリートや木材に吹き付けるというのは、シロアリの勢力や活性次第で突破されると考えなければならないのです。


 シロアリは組織で動く生き物ですので、一気でなく継続的に薬剤層を突破しようとすることで薬剤層を無力化させていきます。シロアリは常に生産され続けるものだからどんどん新手がやってきます。
 生産力を止める(巣を駆除する)ことをせずに、薬剤散布だけでイエシロアリが駆除できないのはこういう形だからです。
 
 シロアリにとって蟻道というものは、頭上に木材があるからそれに対して延びるのでなく、地下活動で生ずる剰余の土の捨て場です。地下活動が活発なら途上の薬剤の有無にかかわらず、また犠牲を厭わず蟻道はどんどん延びます。
 イエシロアリ駆除でシロアリの集団の大きさ、巣の大きさは蟻道、蟻土の量でおおよそ推定できるのは、これらが活動量とほぼ等しいからです。これはヤマトシロアリでも同じです。
 
 しかも、土の動きを考えると、土壌処理層を突破するまでは、土は別の場所に移動させられますが、一旦突破されると、今度は他所の土が(他所のトンネル工事の余剰土)が蟻道の材料として積み上げられます。
 土壌処理層の突破がシロアリに致命的なえいきょうがあれば死滅するでしょうが、そうでなければ、すぐに健全な状態になります。まして、土壌処理がなく、蟻道を延ばす途上にしか薬剤がない場合は、シロアリへの影響は格段に少なくなります。
 
 だから、予防を考える場合も土中の活動を止めることがもっとも重要なことですし、より効率的な薬剤の使用につながります。

 

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 


 

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。