シロアリと羽アリの違いは?発生の時期は?毎年出るの?

 

シロアリと羽アリの違いは?発生の時期は?毎年出るの?

 

 

 まずシロアリと羽アリの違いは、「羽アリ」は「シロアリ」の一部の階級に「羽が生えただけ」です。

シロアリは、働きアリ、兵隊アリ、副女王、副王、女王、王というように階級が分かれています。

 

普段は、シロアリは羽を持っていません。

 

一定の条件下でのみ、副女王や副王などの階級に羽が生えてきて、飛んでいきます。

これは巣別れという説もありますが、最近では巣別れではなく、口減らしだという説が有力です。

 

巣の中の人口密度が上がると(人ではないですが)、生殖機能を持った副女王などが外の世界に追い出されます。

これは口減らしと言えども、せめて別の場所で新たに営巣して組織を作る可能性を持たせるために、生殖機能を持った階級が放出されます。

 

 

 

シロアリの羽アリが飛ぶ時期

 

私たちが一般的に言っている「シロアリ」には主に2種類いまして、ヤマトシロアリイエシロアリと言います。

 

ヤマトシロアリは地域にもよりますが、だいたいゴールデンの前後から飛び始め、5月中にはおおかた出尽くします。

一方のイエシロアリは、6月の梅雨時あたりから飛び始め、こちらはおおかた7月中には出尽くします。

 

これらの種で飛ぶ時期が異なる理由は、シロアリはご存知のとおり湿気を好みます。

好みますと言いますか、湿気が無いと生きていけません。

ですので飛ぶのも梅雨前後のジメジメした時期になるのですが、この2種で1ヶ月ほどのズレがあるのは、種によって「最適の湿度」と判断するタイミングが異なる、というだけです。

 

 

 

シロアリの羽アリは毎年飛ぶの?

 

先述のとおり、羽アリが出る理由は、シロアリの生産(女王の産卵)するペースに、巣の拡大が追い付かなくなった場合、巣の中の人口密度が高くなりますから、そのための口減らしである、とご説明しました。

 

よって、シロアリの産卵ペースト¥と巣の拡大ペースがおおむね一致していれば、羽アリは出ません。

ということで毎年は出ません、ということになります。

 

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 


 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。