シロアリ被害の保険金500万円 愛知や岐阜では過剰です

 

シロアリ被害の保険金500万円 愛知や岐阜では過剰です

 

 

愛知県の尾張や一部を除く三河地方、岐阜県全域では、シロアリの保険金が500万円や1,000万円というのは明らかに過剰です。

 

生命保険や損害保険もそうですが、保険というのはそもそもトラブルがあった場合など、高額な費用を支払うことができない為、予めみんなでお金を出し合って備えておく 相互扶助 が基本です。

 

クルマの保険でも、もしも人を殺めてしまったら億単位の保障金が必要になりますから、例えば年間で5万円などの金額を払って保険に入っておくわけです。

 

つまり、 

払った金額 < もしもの時に必要な金額

でないと成立しないわけですよね。

毎年5万円の失費は痛いけど、もし人を殺めてしまったら億単位かかるから入っておく。

 

ではシロアリはどうなのでしょうか?

 

一般的なシロアリ業者は、予防で薬剤をまかないと保険に入れません。

その予防費用はと言いますと、軽く10万円はかかりますし、高いと20万円近くします。

言わば、保険をかけるために10万、20万を払っているようなものです。

しかも5年毎に。

 

 

一般的な住宅のシロアリ被害額

 

しかし、愛知県の尾張や一部を除く三河地方、岐阜県全域では、もしもシロアリの被害に遭っても、当社の経験上、数万円~せいぜい10万円です。

 

あれ?金額のバランスがおかしくないですか?

払った金額 < もしもの時に必要な金額

だったはずです。

 

ですから、数万円~10万円の被害のために10万、20万を払っているという全く意味の無いことをしているのです。

これが現在のシロアリ業界のおかしな習慣の一つです。

 

ましてや 500万円の保険金がおります といった宣伝など消費者を欺く行為だと当社は考えます。

何も知らないお客さまが500万円という金額を見せられたら、

「やっぱりそんなにかかるんだ。。」

と誤解してしまい、10万や20万円という高額な予防費用を払わざるを得なくなります。

 

当社は、このような不誠実な利益優先の体質を正すべく、活動して参ります。

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 


 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。