シロアリの被害があったり駆除をすると税金を控除されるので確定申告を。

 

シロアリの被害があったり駆除をすると税金を控除されるので確定申告を。

 

 

雑損控除

 運悪くシロアリの被害が出て、駆除をされたり修繕などをされたお客さまに知っておいていただきたいことがあります。

シロアリの駆除費用や木材などの修繕費用は、確定申告の際に「雑損控除」として所得控除が受けられます。

 

※厳密に言いますと、以下の③に該当します。

① 震災、風水害、冷害、雪害、落雷など自然現象の異変による災害
② 火災、火薬類の爆発など人為による異常な災害
③ 害虫などの生物による異常な災害
④ 盗難
⑤ 横領

 

 

シロアリによるお家の木部などの被害も資産の損失に認められていますので、駆除に要した費用と、お家の修繕費用は、一定額を所得額から控除することができます。

しかしご注意いただきたいのは、予防については雑損控除の対象にならないということです。

シロアリの被害がなく、予防だけしたという場合は対象になりません。

また、一般的なシロアリ業者は駆除と予防の区別がなく、駆除でも予防でも床下に大量の薬剤をまいて行きますので、この雑損控除の対象にならないケースが多いです。

 

当社は契約書上においても、実作業においても「駆除」と「予防」は明確に分かれておりますので、申告することができます。

 

 

雑損控除の計算方法

計算方法は以下の何れか多い方が採用されます。

 

① 控除額=駆除+修繕費用ー保険が下りた金額ー(総所得額×10%)

② 控除額=駆除+修繕費用ー保険が下りた金額ー5万円

 

になります。おそらくほとんどの方は、②で計算されるかと思います。

例をあげますと、駆除費用6万円+修繕費用7万円ー5万円=8万円 が所得から控除されます。

 

※総所得の数100万円から8万円が引かれまして、その残額にお客さまごとの税率が掛けられますので、実質的に還付される金額は、お客さまにより変わりますのでご理解ください。

 

 

確定申告に必要な書類

当社が発行させていただきます領収書と、駆除を実施した証明(=当社であれば契約書)、修繕をされた方は修繕の金額が分かる領収書、明細が分かるもの(=当社であれば契約書)があれば十分です。

 

 

➡国税庁のホームページもご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 


 

 

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。