シロアリ駆除費用の計算方法に疑問 愛知と岐阜

 

シロアリ駆除費用の計算方法に疑問 愛知と岐阜

 

 

昨今のシロアリ業者は、費用の計算をする際、「坪単価」という価格を設定して、それを「予防」と「駆除」でそれぞれ価格を分けています。

坪数が20坪で、業者の予防単価が5,000円なら、20坪×5,000円で10万円という計算です。

※概ね予防単価より駆除単価の方が金額が高いです。

ここでは予防:5,000円、駆除:8,000円としましょう。

 

この坪単価というシステムに、実は大きな疑問があります。

 

どいうことかと言いますと、もしシロアリが発生して駆除が必要になった場合、シロアリの被害というのは一般的に、床下全域に広がっているわけではありません

図のように概ね1平米(1㎡)程度の範囲に蟻道があったり、木部が食害されているイメージで、場合によってそれが2か所ほどあるくらいです。

 

 

 

 

しかし一般的なシロアリ業者は、床下の隅っこの1坪程度にシロアリの被害があっても「シロアリがいました!」と言っては、20坪×8,000円で16万円

という金額を請求します。

 

おかしくないでしょうか?たった1坪だけの発生なのに、残りの19坪分も、金額の高い駆除単価で計算するのです。

しかも駆除と言っても発生がなかった19坪に関しては、予防と同じ作業をするのです。

ならば、発生のあった坪数だけ駆除単価で計算して、それ以外は予防の単価でいいはずです。

 

現在のシロアリ業界には、このようにどんなケースでも一律に計算して、高額な費用を持って行くという悪しき習慣が横行しています。

 

➡当社の料金一覧はコチラをご覧ください。

 

しかもこれだけではありません。

➡詳しくはコチラ「基礎形状が異なるのに金額が同じという矛盾」をご覧ください。

 

 

当社はこのような業界の非常識から脱却すべく、適正な作業を適正な価格でご提供することで、多くのお客さまにご満足いただいております。

 

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 


 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。