シロアリは木材の補修が必要なほど被害を与えるか?保険が500万?

 

シロアリは木材の補修が必要なほど被害を与えるか?保険が500万?

 

 

 

シロアリは、床下の土台や大引などの木材を補修しなければならないほどの被害を与えるか否かについて

愛知県(三河の一部を除く)や岐阜県では、きちんと点検さえしていれば答えは ほとんどがNO と言えます。

※必要なのは「点検」であって、「薬剤の散布」ではありません。

 

ほとんど という理由は、現在、私たちのお家に影響を及ぼす主なシロアリは、ヤマトシロアリイエシロアリという2種類になります。

 

ヤマトシロアリとは北から南まで日本全域に生息する種ですが、一つの集団のシロアリの数も少ないため、仮に床下に発生したとしても、短期間で木材の補修が必要な被害を出すことは困難です。

 

一方のイエシロアリは、主に西日本などの南の地域(稀に関東や中部地方でも生息が確認されますが)に多く、一つの巣の規模で言いますと、ヤマトシロアリの数10倍~100倍というレベルですので、イエシロアリの生息地域では予防や駆除作業はなかなか困難な場合も多々あります。

 

しかし愛知の尾張地方や一部を除く三河地方、岐阜県全域では、比較的ラクなヤマトシロアリが、約99%以上を占めますので、冒頭のとおり

定期的に点検がされていれば木材を補修しなければならないほどの被害は基本的に出ません。

 

 

シロアリの保険金が500万円??

 

「定期的に」とはどれくらいの頻度かと言いますと、約5年が目安になります。

そして冒頭でも触れましたが、定期的な点検 は高いお金を出して床下中に薬剤の散布をしなければならない、という意味ではありません

 

ヤマトシロアリ地域であれば、5年ごとに点検さえしていれば、補修が必要なほどの被害はまず出ません。

ましてや保証金 500万円 といった高額なシロアリ保険なんて必要ありません

 

ヤマトシロアリで、補修が必要なほどの被害が出たケースと言いますのは、シロアリが居ながら10年以上というレベルで放置していた場合です。

当社の経験上、5年ごとに点検をしていて木部が食害を受けて補修した例は、付き合いのある他の業者で数万円程度があったくらいです。

 

定期的に点検していれば、その程度なのです。

 

ごく稀に、数万円程度の補修が発生するモノに対して、なぜ5年ごとに 10万円以上の予防費用を払う必要がありましょうか。

 

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 


 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。