重要なのは点検であり薬剤散布ではない

 

 一般的なシロアリ業者は、二言目には「5年ごとに薬剤をまかないと」と言いますが、本当に重要なのは「定期的に点検をすること」です。

「定期」というのはその地域や、お客さまごとの環境(立地条件、築年数、構造、基礎などなど)によりけりですが、おおむね3年から5年が目安になります。

 

私たちのお家に影響があるシロアリには主に2種類いまして、「イエシロアリ」と「ヤマトシロアリ」と言いますが、イエシロアリの集団は非常にやっかいで、活動する個体の数も、ヤマトシロアリの100倍というレベルです。

しかしながら愛知県(三河の一部を除く)と岐阜県全域では、99%がヤマトシロアリで、イエシロアリが出た例は同業者間でもありません。

つまり「やっかいなイエシロアリではなく、比較的楽なヤマトシロアリ」が対象種なのです。

※イエシロアリは、日本国内では主に南の方に生息する傾向があり、関西の一部や九州などで多数確認されており、関東や北の方ではあまり発生はしていないようです。

 

そして冒頭のお話に戻りますが、地域としてイエシロアリがいなくて、ヤマトシロアリが対象であることは分かっているわけです。

最初の5年や次の5年目にシロアリ業者が来て、薬剤をまいて行き、その後も特に変化がない(蟻道があったり、羽アリが出たりというシロアリの兆候がない)のであれば、シロアリ技術者の判断で「薬剤をまかない」という選択肢もあるのです。

なぜかと言いますと、5年~10年経っても兆候が見られないのであれば、お客さまの床下の地中にはシロアリはいない可能性が高いからです。

仮にいたとしても、ヤマトシロアリの侵食スピードでは3年~5年で点検しておけば十分に対応できます。(補修費用が数十万、数百万なんてトンデモナイ!あり得ないです)

例えばお医者さんで、「風邪をひくといけないから常に薬を飲んでください」などと言う人はいないでしょう。ヤマトシロアリというのはその程度なのです。

ヤマトシロアリが風邪なら、イエシロアリは差し詰めインフルエンザといったところでしょうか。インフルエンザに限らず罹患すると大変な病気であれば、予め注射を打つなどして予防、緩和をする必要ありましょうが、風邪をそんなに警戒する必要がないという例であれば分かりやすいのではないかと思います。

 

しかし昨今のシロアリ業者はそのような判断(シロアリがいるか?いないか?薬剤は不要か?)をしません。

なぜなら、そもそも「判断できるほどの知見がない」というケースもありますし、「薬剤をまかないと儲からない、点検だけでは儲からない」からあえて自分からそのような事は言わず「何があるか分かりませんから危険です」と、本当は風邪ていどのレベルなのに、何も知らないお客さまに「シロアリ費用は高いのが当たり前」と誤認させておきたいからです。

 

最後に繰り返しになりますが、定期的に技術者の点検は受けて下さいね。

 

⇒ご不明な点があれば何でもおたずね下さい。匿名OKです。

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。