シロアリの薬剤を5年毎にまく?駆除もしないのに?

 

シロアリの薬剤を5年毎にまく?駆除もしないのに?

 

 

現在のシロアリ業界は、シロアリの駆除をするわけでもないのに、予防のためと称して5年毎に高いお金をかけて薬剤をまくことが当たり前とされている 異常な事態です。

 

その理由としてはいくつかありますが

・5年毎にお金が入ってくるサイクルビジネスが構築できる(儲かる)

・シロアリ業者(業界)がシロアリの生態や種別、薬剤の使い方を理解していない

といった点が上げられます。

もちろんお金をムダに使うことも弊害ですが、ここでは5年毎に床下に薬剤をまき続けることの本当の弊害をご説明いたします。

 

 

5年毎に薬剤をまいてたら木材に悪影響 敏感な方はお身体にも

 

現在、使われています薬剤は、原液を水で薄めて使うタイプが主流です。

例えば2リットルの原液を100倍に薄めて使うですとか。(薬剤2リットル:お水198リットルといった具合にほぼお水です)

 

そしてその薄めた薬剤を、1坪あたり10リットルほどまいていきます。

ですので15坪~20坪のごく普通のお宅ですと、150~200リットルのほぼお水を床下にばら撒かれるわけです。

この量は、だいたいお風呂一杯分に相当します。

 

これだけの大量のお水を、ただでさえ狭くて通気の悪い床下にばら撒くのです。

布基礎であれば泥らだけの水たまりがあちこちにできますし、ベタ基礎であれば写真のようにプールになってしまいます。

そしてこの大量のお水は、長い時間をかけて床下で蒸発し続けます。

蒸発にかかる時間や、蒸発によって起こる弊害というのはお客さまごとの環境によって様々ですが、床下の木材がダメージを受けるのは間違いありません

 

過去のお話ですが、他所のシロアリ業者が大量に散布したあと、そのお家に住まわれていた方が、アレルギーをお持ちの環境の変化に敏感な方だったようで、体調を崩されて、結果的にそのお家に住めなくなってしまいました。

付き合いのある同業者も、このような例は稀に耳に入るようですので、敏感な方や小さいお子さん、ご年配の方、ペットを飼ってみえる方は特に注意が必要です。

 

このような作業をしている業者に限って、

当社の薬剤は安全です!

などと言うのです。薬剤の成分だけを見れば確かに安全でしょう。

しかしそれをどのように使うか?によって結果が変わるということを分かっていないのです。

大量散布の弊害は、決して薬剤の成分ではありません。

薬剤の成分しか見ていない業者は

薄めた大量の水が家屋に影響を与えている

という二次的な要因に気付いていないのです。

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 


 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。