シロアリの予防で薬剤を5年ごとにまき続けるとこうなります

 

シロアリの予防で薬剤を5年ごとにまき続けるとこうなります

 

 

 

お金をかけてお家を傷めているのですから、もう何をやっているのか分かりません。

 

 現在のシロアリ業界はシロアリの予防と称して、5年ごとに大量の薬剤を床下などにばらまかれます。

大量というのはどれくらいか?と言いますと、お風呂一杯分=約200リットルのお水です。

現在、主流の薬剤は100倍のお水で薄めるタイプですから、薬剤が2リットルとしますとお水は約200リットルというレベルになるのがお分かりいただけるかと思います。

 

これはシロアリの生態はおろか、家屋の構造すら無視した作業方法です。

 

 

 

お金編 シロアリの予防で薬剤を5年ごとにまき続けるとこうなる

 

シロアリの予防を、お家の寿命までキッチリ5年ごとに実施した場合、一体いくらかかるのか試算してみましょう。(生涯金額)

お家の寿命が40年としまして、5年ごとですから合計8回実施することになります。

20坪前後の一般的なお家ですと、シロアリ予防費用は愛知や岐阜ですとだいたい10万円くらいします。

 

10万円 × 8回 = 80万円

 

仮に大手ですと15万くらいしますから、15万円×8回=120万円です。

非常にもったいないです。皆さまの大切なお金がシロアリ業者の懐に消えています。

 

シロアリは対象種によって、かかる手間が大きく異なります。

よって金額も変わってきます。

現在、日本に生息する主なシロアリは、規模が小さく対処しやすいヤマトシロアリと、獰猛で数の多いイエシロアリという種になります。

 

愛知県の尾張地方や一部を除く三河地方、また岐阜県では対処しやすいヤマトシロアリが99%以上を占めており、イエシロアリ地域と比べてシロアリの予防費用も駆除費用も安く済むはずなのです。

しかし現状は先述のとおり、10万円レベルの高額な費用を持っていかれます。

 

こういう話をしますと、そういったシロアリ業者は

「イエシロアリがいるかもしれないじゃないか!」

と言うかも知れませんが、それは技術者や会社自体の経験から生息域を把握しておくべきであり、各種シロアリの生態に基づき点検すればよいのです。

そのような知識/経験に加えてキッチリとした点検のもと、各お客さまごとの環境に応じて判断をするのが、本来の技術者の仕事であり、どの地域でもどのお宅でも画一的に薬剤を大量にばらまくことが仕事ではありません

ヤマトシロアリ地域でこのような大量散布は意味がなく、費用のムダです。

薬剤などというのは、本来ポイントを絞って使うものであって、無作為にばらまくものではありません。

 

お客さまのため!」と言うのであれば、こういった判断ができる知識/経験を積んで、お客さまや環境にムダな負担をかけないようにするのが技術者です。

自社/自分の利益ばかり見て、全体を俯瞰できる業者が少ないのが大変嘆かわしい限りです。

 

 

 

家屋編 シロアリの予防で薬剤を5年ごとにまき続けるとこうなる

 

 薬剤の大量散布は、経済的な負担だけではありません。

お風呂一杯分というレベルのほぼお水を床下にばらまきますので、その水もまた大量に蒸発することになります。

ただでさえ換気の悪い床下に大量の湿気が発生しますので、床下の木材たちはその湿気を受け続けなければなりません。

最近は集成材や合板なども多いため、大工としては是非ともやめていただきたいです。

 

お金編で、生涯金額を算出しましたが、ここでは床下にばら撒かれる水の量 ≒ 床下の木部が受けなければならない湿気の量を算出してみます。

1回の散布量が200リットルとしまして、それがお家の寿命を40年として8回。

 

200リットル × 8回 = 1,600リットル

 

実にお風呂8杯分ですからね、床下の木材からしたら拷問です。

それでも、その方法に効果があって、それ以外に方法がないというのであれば諦めもつきますが、全くそうではありません。

 

40年間で、100万円近くかけてお風呂8杯分もの大量の水をまいている

という結論です。

 

お金をかけてお家を傷めているのですから、もう何をやっているのか分かりません。

 

➡正しい薬剤のまき方については、コチラをご覧ください。

 

先述のとおり特に愛知や岐阜では、対処しやすいヤマトシロアリしかほぼいません。

 

当社は、業界のこのような悪しき慣習から脱却すべく、適正な作業と適正な費用で活動することで多くのお客さまにご満足いただいています。


 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 


 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。