間違ったシロアリ薬剤の散布方法 愛知、岐阜の業者

 

間違ったシロアリ薬剤の散布方法 愛知、岐阜の業者

 

 

 一般的なシロアリ業者の薬剤の散布方法は、基本的に間違っています。

どう間違っているかと言いますと、シロアリの生態に合っていないのです。

(と言いますか、正しいシロアリの生態を知らないようです)

シロアリの生態に合っていないということは、次のような問題点が上げられます。

 

・シロアリの予防に支障を来す。

・ムダな薬剤の使い方により、余分な費用がかかっている。

・ムダな薬剤の使い方により、床下の木部などを傷めている。

 

では順を追ってご説明します。

 

 

シロアリの予防に支障を来す

 

一般的なシロアリ業者の薬剤のまき方は、基本的に

「水で薄めた薬剤を大量に床下にまく」です。

このような方法が浸透してしまった理由は、しろあり対策協会がそのように指示しているからです。

本来、薬剤というものは、点検に基づきマトを絞って使うものであり、予防に関しては薬剤の散布が主体ではありません。

そして技術の無い業者や生態を理解していない業者は、当然適切な作業ができません。

協会は、このようなシロアリの予防/駆除の技術がない業者でも、どうにか予防/駆除できる方法として、大量散布するよう指示しています。

 

話を戻しますが、大量散布をするとなぜ支障を来すかと言いますと、布基礎の場合、上から見た図のように例え大量にまいたとしても表面にまいただけでは、横から見た図のように土にはほとんど浸み込みません。水溜まりはにはなりますが、浸み込まずにやがて蒸発します。

(1cmも浸み込むかな?という程度です)

 

そして浸み込んでいないということは、床下の地中からシロアリが上がってきた場合、地表の薬剤層でシロアリを止められないということです。

 

シロアリというのは組織で動く生き物ですから、少々の薬剤層があってもシロアリは突入します。

そして突入した先頭集団の何%かは薬剤により死にますが、集団の規模がある程度大きければ、やがては薬剤も克服されて突破されます。(突破=床下に上がって来ます)

 

ですから大量にまけば、何とかなると思っているようですが、意外とそうではありません。

シロアリの生態を考えればそのような結論に至るはずなのですが、こういった点からも、一般的なシロアリ業者はシロアリの生態を知らないのであろう、と推測されます。

 

 

ムダな薬剤の使い方により、余分な費用がかかっている

 

既出のとおり、シロアリの生態や各お客さまごとの調査結果から、総合的に判断してポイントを絞らずに、ただ闇雲に薬剤をばらまいていては、当然ムダな薬剤を使っていることになり、ムダな費用がかかっているということになります。

 

シロアリ業者は薬剤を使えば、使った分の薬剤代に「たっぷりの利益」を乗せて請求するだけですが、そのようなムダな費用を請求されるお客さまは、たまったものではありません。

これは明らかにシロアリ業者の不勉強による業務怠慢であり、儲け体質が染みついた、業界の悪しき慣習だと思います。

 

 

ムダな薬剤の使い方により、床下の木部などを傷めている

 

冒頭にて、一般的なシロアリ業者の薬剤のまき方は、「水で薄めた薬剤を大量に床下にまく」とご紹介しましたが、この「大量」の具体的な数値を申し上げますと、

お風呂一杯分=約200リットル

に相当します。20坪前後の一般的なお家であれば、概ねこれくらいです。(10リットル/1坪)

ただでさえ通気の良くない床下にこのような大量の「ほぼ水」をばらまかれては、床下に使用されている木材には大変な負担です。

 

200リットルもの大量の水をまけば、それが大量に蒸発し続けることになります。

そして床下の木部はその大量に蒸発した湿気を受け続けなければなりません。

 

更に一般的なシロアリ業者は、それを「5年ごとにまく」と言うのです。

5年ごとにお風呂一杯の水ですので、30年も住めば「お風呂6杯分」を受け続けるわけです。

 

そもそも薬剤を大量にまいても意味が無い上に、ムダなお金を払って、更にお家まで傷めるという、一体何がしたいのか分かりません。

一般的なシロアリ業者は自分たちの行っている作業の「意味を」「主旨を」「目的を」分かっていないのでしょうか。甚だ疑問です。

 

当社はこのような業界の悪しき慣習から脱却すべく、正しい作業と正しい価格で多くのお客さまから感謝のお言葉をいただいています。

 

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 


 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。