シロアリの予防をベタ基礎で行う場合の間違った方法

 

シロアリの予防をベタ基礎で行う場合の間違った方法

 

 

 

ベタ基礎の場合のシロアリ予防法として、日本しろあり対策協会が発行する標準仕様書に間違った記載がありますのでご紹介しておきます。

 

ベタ基礎の場合は、布基礎と比べてそれだけで「防蟻性能」に長けています。

どういうことかと言いますと、シロアリというのは本来は土の中にいて、巣の拡大であったり、エサを求めてといった理由で地上に上がって来ます。

その際に布基礎であれば、すんなり上がって来られるところをベタ基礎ですと、地表にドーンとコンクリートの壁が広がっていますから、床下へ侵入するのは不可能ではありませんが、かなり困難です

 

そして冒頭の話に戻りますが、しろあり対策協会(通称:白対協)の作業仕様書では、このせっかくのコンクリートの底面に、予防の為にわざわざ穴をあけるという作業があります。

 

全くもって愚の骨頂です。

玄関ポーチなどの基礎の側面でしたら、我々も穿孔して薬剤を注入しますが、基礎の底面は、現場を知らない素人としか思えません。

その理由は、まずシロアリの侵入経路をわざわざ作ってあげている点です。

 

 

次に穴をあけてベタ基礎下の土壌に液体の薬剤を注入しても意外と浸み込みませんし広がりませんので、わざわざ穴をあけた割りに、あまり意味がありません。

 

 

 

 

そして最後に、あけた穴をもう一度コンクリ―トで埋め戻しても、底の方にはうまくコンクリ―トが届かず、もとような平らな底面にはなりません。

 

 

一体のコンクリ―ト面にこのような段差があると、シロアリはそこで立ち止まり、段差部分をかじるという行為が発生します。

そうなるとベタ基礎を突破されるのは時間の問題です。

 

日本しろあり対策協会は、発足当時は確かに意味のある組織でしたが、最近は少し方向性がズレている点があることも否めませんし、それを何の疑問も持たず鵜呑みにしている業者もたくさんいますので、どうかお金を払ってシロアリに侵入されやすい工事をされませんよう、お気を付けいただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 


 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。