ヤマトシロアリの被害の大きさはどの程度? 愛知、岐阜

 

ヤマトシロアリの被害の大きさはどの程度? 愛知、岐阜

 

 


 ヤマトシロアリの被害について、土台や柱(従来の芯のあるもの)が取り換えが必要なほど被害にあうのはごく稀なことで、多くの被害は建物の強度に関与しない床組材や畳下地、壁下地などがほとんどです。


芯のある土台や柱は、木材周辺の柔らかい部分が先に被害にあいますので、この部分の被害だけについていえば、1年でも数メートルの被害が出ることもあります。

しかしこの場合、土台の角が柔らかくなる程度で、土台の健全性は失われません

 

全国の神社仏閣や古民家でも、概ねヤマトシロアリの被害が見られるのに、倒壊の危険性がないのはこのためです。

また、分散型のシロアリですので、建物の外にいるシロアリが建物に侵入して来ることはほとんどありません。

 

ただヤマトシロアリでも、新築やリフォームなどの環境変化の直後は急激に活動が拡大することがあり、運が悪いと数ヶ月で柔らかな材木など(垂木、床板、紙類、畳、断熱材など)に大きな被害が出ることがあります。


更に運が悪いと、この動きが集団の拡大をもたらして、活動範囲が天井までに達することがあり、この時、柔らかな天井裏の小屋組材、梁、桁と言った構造材にまで被害が及ぶこともあります。

 

ですのでリフォームをされる場合は必ずご連絡いただき、その1,2ヶ月後には一度点検が必要になります。

もちろん、こうなるまでには何らかの兆候がでますので、定期的な点検やピンポイント駆除で充分対処できます。
 

よって重要なことは、10万円ものお金をかけて薬剤をまくことではなく、的を絞って技術者が点検することで、不測の事態を回避することができます。

 

当社は必要最低限の費用で、最大限の効果が得られるよう、シロアリの生態を理解しシロアリ防除の技術を持った大工が作業にあたります。

他社には無い技術力で、多くのお客さまから感謝のお言葉をいただいております。

 

 

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 


 

 

 

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。