ヤマトシロアリとイエシロアリを区別しない業者

ヤマトシロアリとイエシロアリを区別しない業者

 


私たちの生活に影響を与える可能性が高いシロアリには、2種類います。

ヤマトシロアリとイエシロアリといいます。

よくシロアリの被害として、柱がボロボロに食い荒らされ、床下どころか天井裏にまで大きな巣ができて、、といった画像や映像を目にしますが、あれは「イエシロアリ」という種の仕業なのです。

イエシロアリは、ヤマトシロアリに比べて活動するシロアリの個体数が多く、数十万~百万匹というレベルで、ヤマトシロアリの実に100倍に相当する数で生息しています。

ですので単純に、被害の大きさも、被害のスピードも、被害額もヤマトシロアリの100倍になります。

実際にヤマトシロアリの被害があったとしても、せいぜい数万円なのに対し(当社の実績ベース)、イエシロアリではひどい場合は100万単位であったりします。

ですので、当然、イエシロアリとヤマトシロアリでは、シロアリ予防の方法、手間、金額が異なるはずです。もちろん駆除においてもです。

しかし、しろあり対策協会の定める「施工仕様書」では、予防や駆除方法についての記載は区別されていませんし、そのような状態ですので一般的なシロアリ業者も区別して作業や金額設定をしていません。(つまり対応が楽なヤマトシロアリの場合も、対応が大変なイエシロアリと同じ金額を取っているということです)

きちんとした知識と技術と良識をもった業者さんなら、そのような区別をしています。(当たり前の話なのですが。。)

分かっていても、区別すると儲けが減ってしまうので、あえて分けない業者もいると思いますが、そもそもヤマトシロアリとイエシロアリの生態を理解しておらず、分ける必要性すら認識していない業者もいるかも知れません。
(どちらが救いようがないのかは、微妙ですが。。)

そして愛知県(一部の地域を除く)と岐阜県では99%ヤマトシロアリですので、基本的にイエシロアリと戦わなくてもいいという、せっかく運のいい地域にもかかわらず、一緒くたに高額な料金を取っていく一般的なシロアリ業者には、故意か過失かによらず少々憤りを感じます。

 

 

 

 


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。