ヤマトシロアリの巣や巣別れについて

 

ヤマトシロアリの巣や巣別れについて

 

 

 

 ヤマトシロアリという種のについてと、巣別れについてご紹介していきます。

 

まず始めにヤマトシロアリという種について簡単にご説明します。

ヤマトシロアリは、日本国内で言いますと北海道から沖縄まで広く分布しており、日本で一番メジャーな種と言えます。

 

大和白蟻と書くくらいですから。

 

そして1つの巣で活動するシロアリの個体数は、少ないと数百匹~千匹ていど、多くても1万匹ていどになります。

ちなみに比較対象として、日本国内でヤマトシロアリの次にメジャーなイエシロアリを上げますと、イエシロアリの活動する個体数は、ヤマトシロアリのおよそ100倍というレベルで、多い場合は1つの巣で100万匹という数に達します。

 

ヤマトシロアリがいかに少ないか、がお分かりいただけるかと思います。

 

 

そしてのお話ですが、ヤマトシロアリは活動個体数が比較的少ないため、巣の大きさも知れています。

床下に営巣している場合の例としては、

床下の木部と地中を含めて1坪ていど

若しくはそれが2か所

のようなイメージです。

 

 

最後に巣別れについてですが、ヤマトシロアリはイエシロアリよりも数が少ない、というご説明をしましたが、その理由は、

 

ヤマトシロアリは活動数が多くなると、分散(分裂)して生き残ろうとするのです。

逆に数が多過ぎると、組織として統制が取れず、存続できないという種族としての特性があるからです。

 

先ほど巣の大きさのご説明の際に、2ヶ所というワードが出ましたが、それはそのような理由からです。

 

 

簡単ではございますが、タイトルのヤマトシロアリの巣や巣別れについてのご説明とさせていただきます。

 

 

 

 


 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。