床下にカビがあるとシロアリがわく?

 

床下にカビがあるとシロアリがわく?

 

 

床下にカビがあったからと言って、シロアリが寄ってくるということはありません。

まずシロアリは「わく」ものではなく、床下の土中に生息しているものです。

 

よくお客さまからご相談を受けるのが、

 

「よそでシロアリの点検してもらったら、『床下にカビがあるから危険ですよ』と言われた」

「しろあり業者に『床下にカビがあるのは湿気ている証拠ですよ。シロアリは湿気が好きだからやられますよ』と言われた。」

 

というような内容です。

勉強不足で、いろいろと誤解しているシロアリ業者が多いので以下のとおり訂正しておきますね。

 

 

・カビが発生していてもシロアリはよってきません。

 

シロアリは視力が退化していますので目が見えませんし、嗅覚が優れているわけでもありませんので、ニオイにも反応しません

つまりシロアリは進んだ先にたまたまカビがあっただけの結果論です。

 

そして何よりシロアリは、実は敏感でか弱い生き物で、他の生物との接触を好まない傾向がありますので、むしろカビを避けるくらいです。

 

 

・シロアリは床下に湿気が無くても侵入します。

 

シロアリは床下に上がってくる際も、地中と同じような適度な湿度と温度を保つため、「蟻道(ぎどう)」というトンネルを構築しながら進みます。

 

蟻道は、土の粒を自らのフンで固めて作りますが、先述のとおりその蟻道の中は、適度な湿度と温度が保たれていますので床下に湿気が無くても、進入することに関して何ら問題が無いことがお分かりいただけると思います。

 

例えば、私たちが灼熱の砂漠にいても、クルマの中がエアコンが効いていれば問題ないのと同じです。

 

 

以上のように最近のシロアリ業者は、

勉強不足で本当に知らないのか?

知っているがお金を儲けるため (床下換気扇や湿気取り剤などをススメたい) にウソを言っているのか?

は分かりませんが、当社はお客さまのために、正しい知識を発信して参ります。

 

⇒床下換気扇や湿気取り剤などの不要論 はコチラ

 

 

 

 

 


 

【愛知県】

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村

【岐阜県】

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、養老郡養老町、不破郡垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、揖斐郡揖斐川町、揖斐郡大野町、揖斐郡池田町、本巣郡北方町、加茂郡坂祝町、加茂郡富加町、加茂郡川辺町、加茂郡七宗町、加茂郡八百津町、加茂郡白川町、加茂郡東白川村、可児郡御嵩町、大野郡白川村他、岐阜県ほぼ全域

【三重県】

いなべ市、桑名市、桑名郡

 

 


 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。